香川県の魅力は豊かな自然と利便性の良さ

瀬戸内海に面した日本一小さな県である香川県は、小さいながらも魅力がぎっしりと詰まっています。香川県最大の魅力とも言えるのが、豊かな自然です。夏と冬の季節風が地形によって遮られることから、一年を通じて温暖であり、気温並びに湿度ともに大きな変化がないのがこの土地の特徴です。そのため、広々とした讃岐平野では、様々な農作物が育てられています。また、かつてこの土地を収めていた高松藩により、自然の美しさを生かした庭園が整備されており、その美しさは海外のガイドブックでも高く評価されるほどです。今日では、国内外から香川県の美しい自然をひと目見ようと、多くの人が訪れています。

それから、香川県は本州への玄関窓口としての利便性の良さも、四国地方の中では突出しています。中国地方の中心都市である岡山へは、香川県の坂出が玄関窓口となり、本州と瀬戸大橋によって結ばれています。瀬戸大橋の整備により、香川から本州へのアクセスは、格段に便利になったと言えるでしょう。

瀬戸大橋は道路と鉄道が整備されているので、毎日車や電車の往来が激しく、本州と四国を結ぶ主要な路線として重宝されています。それにより、香川は四国地方の中でも重要な位置を占めるようになり、経済活動や人の往来が盛んに行われています。利便性が高いということは、暮らしやすさにも直結しているので、田舎暮らしに憧れている方にとっては、移住先としても魅力ある場所と言えるのではないでしょうか。